スタジオ日記

2018年のお菓子レッスンをふりかえって

2018年のお菓子レッスンをふりかえって

昨年後半はお菓子レッスンの写真をほとんどアップ出来ていなかったのでまとめてアップしようと思います。

近頃は操作が楽なinstagramはアップするのですがどうしてもひと手間かかるHPのアップは後回しになりがちです。苦笑  さっさーと上手く両方同時に出来ればよいのですが。。

とりあえず秋のレッスンより

9月は奈良産のとても良い栗が手に入ったので「栗きんとん」を作ってみました。

まるで有名な「すや」の栗きんとんの様でしょう。岐阜で有名な栗きんとんは買うと結構なお値段なんですが作ってみるととても簡単なんです。風味が飛んでしまうのでやはり作りたてが一番美味しいです。シンプルだけれど一番贅沢なメニューでした。

栗きんとんにもう1品は「生姜のキャラメルパウンドケーキ」でした。苦みを効かせたキャラメルソースと自家製生姜をたっぷりと入れた大人のパウンドです。生姜のシロップ煮は簡単でシロップも美味しいのでお勧めです。焼き立てより3日目以降が生地が馴染みぜったい美味しい。とはいうもののそこまで待てないか。苦笑

 

試食は特別にモンブランを作ってみました。バターを使わずシンプルに裏ごしした栗ペーストと生クリームだけで栗本来の風味を味わいました。

10月のレッスンより

「無花果の黒糖パウンドシフォン」に「洋梨のクラフティ」でした。数年前から人気の「生パウンドケーキ」なるものを試してみました。

シフォンケーキは老若男女関係今でも人気ですがシフォン型をお持ちでない方もいらっしゃるのでパウンド型で焼けるのはすごく良いアイデアですよね。

サイズが小さくなるので生地が乾燥し過ぎないか心配でしたが問題なく焼けました。ただ量が多過ぎると勿論あふれるので注意です。今回は通常のシフォンより泡を潰し気味にし量を調節しました。

洋梨のシーズン到来で洋梨を使った簡単なデザートをご紹介したくて「クラフティ」に。フランスの家庭的なおやつです。クレープとプリンの間位といったらわかりやすいでしょうか。郷土菓子の「カヌレ」とも似ています。

今回洋梨はコンポートしてから使いますが完熟した物ならフレッシュのままでも美味しいです。アクセントにセミスイートチョコレートも焼き込みます。

本来クラフティはもっちりとしっかりした生地ですがレッスンでは柔らかでしっとりなめらかな触感に仕上げました。

 

11月のレッスンはリクエストの多かった「タルトタタン」と「チョコレートのムース」でした。

今回の「タルトタタン」は前回とは別の作り方です。レッスンは時間が限られているので色々試してみましたが、今回の方法が一番失敗なく焼けると思います。但し林檎の品種によってかなり水分や硬さが違うのでそこは注意が必要ですが。

トロッとした林檎が本当に美味しいです。林檎が手頃になればぜひお試し頂きたいお菓子です。

タルトタタンと同じく「チョコレートムース」もフランスでは家庭のおやつです。さすがチョコレートの国ですね。家庭では溶かしたチョコレートに卵黄と泡だてた卵白とさくっと混ぜるだけといった極々簡単に作ってしまう様です。

レッスンでは卵黄でアングレーズ作り苦みの効いたクーベルチュールと生クリームと合わせた風味豊かなムースに仕上げました。酸味の効いたベリーのソースと香ばしいチュイルと合わせ食感や味わいにも変化をつけます。

年内最後の12月のレッスンはもちろん「クリスマスケーキ」。色々と迷いましたが結局みんなが好きな苺とクリームの組み合わせ。

萩原農園さんの奈良産苺の「古都華」が手に入ったので「古都華」がメインのビュッシュドノエルです。バニラのクリームと酸味と甘さと香りの濃い古都華は最高の組み合わせです。

  

 もう1品はチュイルカップにアイス2種

前月と同じチュイルですがさらに簡単なレシピ。極々うすーく広がる生地なので熱々のうちに好きな形に出来ます。くるくる巻くとヨックモックのシガール風に。

ただし大変もろくしけやすいので焼くのは召しあがる直前にどうぞ。「古都華のソルベ」と「パンデピスのアイスクリーム」(パンデピス=スパイスとはちみつのパン(郷土菓子)を盛り付けました。

新年1月はバレンタインレッスン。「ザッハトルテ」を予定しています♪

ご興味のある方はこちらよりどうぞ♪