日々のスタジオ

「古都華」が山盛り

2018. 04. 13

「古都華」が山盛り

 

先月から奈良の苺「古都華」が山盛り届くようになりました。というのもシェフが奈良の野菜や果物を扱うようになって、少し傷がついたり傷んだりしたら店頭では販売は出来ないためです。傷んだ部分はちょっとカットすれば味に全然問題ありません。

「古都華」は苺の中でも高価なので普段ならそのまま食べるのが一番ですが今年は使いたい放題という贅沢。古都華をミキサーでジュースにしたり(超贅沢)それをアガーでゼリーにしたり。教室ではソルベにしました。どれももちろん大好評♪

 

ケーキにやマフィンに焼き込んだり(古都華は実が硬めなので焼いても崩れにくく色も鮮やかなままです)スコーンやクッキーにもお勧めな苺です♪

苺と氷砂糖で苺のシロップも作ってみました。ソーダ割りや白ワイン割りも。アイスティーやハーブティと合わせても。

ジュースの後の副産物「いちごのセミコンフィ」硬すぎず丁度よい柔らかさに出来ました。これはケーキに入れる予定です。もちろんそのまま食べても美味しいです♪

もちろん定番のいちごのコンフィチュールも。

「古都華」で作ると色も味も本当に濃いっ!。苺ジャムはあまり好きでない私ですが「古都華」で作ったのは大好きです。古都華の実をゴロリとバゲットに乗せるのが朝の定番。朝から贅沢な気分でテンションも上がりますよ♪

 

西宮戎さんへ

西宮戎さんへ

毎年恒例の商売繁盛祈願に西宮戎へ行ってきました。

初詣は欠かす事はあっても戎さんに行かない年はありません。というのも商売の縁起担ぎもありますが、戎神社に並ぶ活気あふれる屋台が大好きなのです。

毎年決まってお参りの帰りには屋台で広島焼きを食べるのが恒例。いろんな屋台に目移りもするのですが、今年もやはり広島焼きのお店を探しました。

今年はあまりに寒かったので久しぶりに神社内の「おかめ茶屋」で甘酒で一休み。このお店なぜか「甘酒」と「茹で卵」だけのお店なんですが、何故ゆで卵?と思ったら甘酒は麹=幸事。ゆで卵=丸いことから1年が「まあるく」おさまるようにとのゲン担ぎだそうです。

今年も幸事に恵まれますように。

 

「北斎展」

「北斎展」

 あべのハルカス美術館「北斎展」へ行ってきました。(ブレブレの写真一枚しか撮れずスイマセン。。)

行ってびっくり。平日にもかかわらずものすごい長蛇の行列。。。まず前売り券を買っていなかったためにチケット購入に並ばねばならず。。約1時間弱。さらにチケット購入後も入館にさらに並びました。入館は思っていたより早かったけれど、結局中もすごい人で混雑していて見るのにかなり時間がかかりました。                                     

相当疲れてはいたものの、、やっぱりどれも見ても北斎の絵は素敵でした。どれも斬新で大胆しかもユーモアもあって大好きな画家の一人です。想像力が半端ない。

きっと北斎は柔軟で自由な人だったんだろうなあ。と思います。時代を超えて今でも新鮮。だからこそ人気が途絶えないんでしょうね。

北斎にはなれないけれど少しでも彼のように自由な発想を出来る様になりたいと心から思いました。。(無理だろうけど、、)

 

秋の新期生募集いたします

秋の新期生募集いたします

夏本番がやってきました。梅雨ももう明けそうです。今年は早くからぽつぽつ教室のお問い合わせを頂いてます。そこですこし早いのですが中華クラス秋クラスを募集始めました。シェフの食の話や食べるだけでも楽しめるレッスンです。体験レッスンはお気軽にご参加くださいませ。こころよりご参加をお待ちしております

体験レッスンへのお申込みはこちらまで

みかのはら幼稚園のおやつ

2017. 06. 30

 みかのはら幼稚園の誕生日会のおやつを年に6回作らせて頂いています。作る時思うのは子供達が食べるだけでなくて何か驚きがあったりひらめきのヒントになればいいなあ、、と思って作っています。もちろん美味しく楽しめる事も。今回は写真の魚型のゼリーを使ってゼリーの海を作る予定です。初めて作ったおやつは「ひなまつり」にちなんで3色のひし形のケーキを作ったのですが初めてで要領がつかめず大変でした。あれから数年たち色々パターンを変えながら進化中です

1 / 212